クリック率とキーワード単価

クリック率が高いとキーワード単価も安くなり費用を節約できます。

広告のクリック率が高いと単価が下がる

リスティング広告の出稿単価は、出している広告のクリック率が高いとキーワード単価が安くなる傾向があります。これは検索者にとって有益な広告は上位に表示しようということだろうと思います。

逆に、たくさんの表示回数があるのにクリック率があまりに低い場合、キーワード単価が高くなってしまったり、広告が表示されなくなってしまうかもしれません。

クリック率が低い場合は、検索者にとって意図していない広告ということだろうと思います。

あまりにクリックされないようでしたら、広告の文面や購入するキーワードを見直してみることをおすすめします。

また、アドワーズには品質スコアというのがありますが、クリック率が高いと品質スコアは高くなる要因になるようです。

できるだけ、クリック率の低いキーワードの購入は避け、よくクリックされる広告をメインに配信していった方が、総合的な広告費用も減少していくのではないかなと思います。

自分の広告しか表示されていないのに、キーワード単価が高い場合は、主にクリック率が低いことによる原因が多いです。広告文が検索キーワードの意図と離れていることもあるので、修正してみることをおすすめします。

なんでもかんでもキーワードを購入したりせず、クリック率が高く、検索者にとって有益な広告を配信するように心がけましょう。

一般的に、上位に広告が表示されているのに、クリック率が1%を切る場合は、広告文や出稿キーワードを変えてみることをおすすめします。

メニュー
©2010 - listing-koukoku.com