コンテンツマッチ広告との違い

リスティング広告とコンテンツマッチ広告との違いについて。

リスティング広告とコンテンツマッチ広告は違う

リスティング広告とコンテンツマッチ広告とでは違いがあります。

コンテンツマッチ広告の場合、サイトのコンテンツ内容によって表示される広告が最適化されますが、検索ユーザーによる検索行為がないため、訪問者の関心への精度は低めになりがちです。

また、個人のホームページなど、サイト運営者のお小遣い稼ぎにクリックされるケースもあり、無駄な広告費が発生することもあります。検索エンジンの方でも対策がなされていますが、ログでクリック元を確認してみると、どの程度の精度なのかは自分で確認できるかと思います。

けれども、リスティング広告のみで集客をしようと思った際、検索回数内でしか集客できないため、その集客数には限界があります。

一方、コンテンツマッチ広告の場合は、検索回数に制限されないため、潜在的な集客数の規模が大きいので、アクセスをたくさん集めたい場合には、両方を利用しているケースが多いです。

また、クリック単価の方も安く設定することができるので、効率は下がっても費用が安くなる分、コンテンツマッチ広告を利用しているユーザーも多いです。

アドワーズのコンテンツマッチ広告はニュースサイトや個人のブログへ掲載される「アドセンス」、ヤフーリスティングの場合は、「インタレストマッチ」となっています。

コンテンツマッチ広告を利用する場合は、リスティング広告用とわけて広告を作成しておくと便利です。リスティング広告では検索キーワードとの関連性を、コンテンツマッチではリンク先へ関心を持ってもらうように作成するとよいでしょう。

メニュー
listing-koukoku.com