オーバーチュアはヤフーのリスティング広告

ヤフーの検索結果に広告を表示するにはオーバーチュアを使います。

ヤフー検索結果への広告配信はオーバーチュア

日本ではグーグルよりもヤフーの検索エンジンを利用している人が多いですので、商用サイトを運営する場合は、ヤフー検索から集客することの重要性が高いです。

ヤフー検索でリスティング広告を利用する場合は、ヤフー子会社が運営しているオーバーチュアのサービスを使うことになります。

審査がありますが、初期費用は3000円と広告費用を支払うと利用することができます。

Yahoo! JAPAN リスティング広告

ヤフーのオーバーチュアでリスティング広告を配信する場合、自分で管理する「セルフプラン」とサポート付きの初心者向け「アシストプラン」のどちらかで申し込みをすることになります。

自分で管理するセルフプランの場合、初期費用3000円がかかります。アシストプランの場合は、アシスト料金31,290円のほか、初回デポジットの広告費用として10,000円の費用が必要です。

どちらで利用しはじめても、広告費用はクリックされるごとに継続してかかりますが、クリックされなければいくら広告が表示されても課金はされません。

オーバーチュアのインタレストマッチ広告との違い

オーバーチュア広告には、「スポンサードサーチ」と「インタレストマッチ」の2種類がありますが、インタレストマッチ広告の方は、興味関心にもとづいて表示される広告ですので、検索連動広告とは意味合いが違います。

検索者が検索エンジンで検索した結果表示される検索連動広告は、オーバーチュア広告のうち、スポンサードサーチの方になります。

インタレストマッチ広告は、コンテンツマッチ広告と似ていますが、ユーザーが閲覧したページの履歴などから、その人の興味関心にもとづいた広告が配信されるようになっています。

広告を配信する際には、薬事法などにも配慮して広告を出稿しなくてはいけませんが、初心者向けの役に立つ情報はオーバーチュアの公式ブログを閲覧すると便利です。

メニュー
listing-koukoku.com